【映画レポート】実写版アラジンを観て感じたこと

こんにちは^^

キャリアアドバイザー
水落貴世です♡

お盆休みのうちに、観たい映画を観に行ってきました♡

それは…
『アラジン』

今日は、今話題の実写版アラジンを観て感じたことを綴ろうと思います^^

実写版アラジンを選んだ理由

ディズニー映画の中でも一番に好きな作品が、
このアラジンなんです♡

(※画像をお借りしました^^)

自分の結婚式でもBGMとして起用させて頂くほど^^
そのくらい大好きな大好きな映画なのです♡

あなたは、もう観ましたか?
私は感情が溢れて涙が止まらなくなりました…

ハンカチが必須です^^

実写版限定のシーンをこういう風に観ていた

実は、アニメ映画の時とは異なり、
実写版限定のシーンがあるのです。

それは、
ジャスミンがソロで歌を歌うシーン。

ジャスミンを演じるナオミ・スコットさんの歌の上手さもあるのですが、何よりも歌の歌詞に鳥肌が立ちました。
この歌は、悪(ジャファー)と戦うジャスミンの正義感と心の強さが表れた歌でした。

ただ黙っていることが 賢い生き方と
教えられてきたけど 間違いと分かった
今、声をあげよう
そう、誰にも邪魔させないから
私は、もう これ以上
黙っていられはしない
心の声を あげて 叫べ!
(中略)
今こそ 自由の扉開け
羽ばたいてみせる
何も誰も 恐れない
心の声を あげて 叫べ!

(※スピーチレス〜心の声〜歌詞より一部抜粋)

後に映画を見終わってから、じぶんノートを書いて振り返っていたのですが、
あることに気が付いたのです!

それは、
自分の声を押し殺して、苦しくもがいていたかつての私と重ねていたということです。

歌詞にもある、
『心の声 あげて 叫べ!』という歌詞でぶわ〜って涙が溢れてしましました。

あなたもありませんか?
自分の声を押し殺して、苦しくて現状をどうにかしたい!と思ったことを。

 

苦しくて、もがいていた一年前。

仕事も結婚生活も空回りをして、
両立する為の答えを求め、セミナーや講座に足を運んでいた。

そんな時に、出会えたライフデザイン講座と仲間♡

 

 

あの時、
自分の心の声に従って、ライフデザイン講座を受けていて本当に良かったと感じました。
もし受けていなかったら、今の私はいなかったと思います。

今の私に、本当に良かったね♡と言ってあげました。

実写版限定のシーンを観て感じたこと

このジャスミンのソロ歌シーンを観て、このように感じました。

自分の心の声を殺して、周りと戦わなくて良いんだよ。
声をあげたかったら、あげたっていい。
叫びたかったら、叫んでもいい。
我慢することなんて無いんだ。
私は私の力で、羽ばたいて見せる。

このように力強く感じられたのは、
これまでたくさんの苦難を乗り越えてきたから。

乗り越えてきた分だけ、自分の力になっていることを、
私は知っているから。

まだ観ていない方はぜひ♡

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ、東京在住のキャリアアドバイザー。月に40名以上の就活生、求職者と面談をしています。自身も結婚というターニングポイントで、働き方に悩んでいた時に恩師のこはらみきさんに出会う。そして「ライフデザイン講座」(13期)を受講。2019年1月には女性の活躍支援サロン「T's pallet」をオープン。現在は、自分の力で幸せを作り出せる女性を増やす活動をしている。